電解水の仕組み

電解水という単語をメディアや店頭で目にしたことがある方は多いと思いますが、その効果や効果の原理について正しく把握しているという方は少ないです。

ここでは電解水とはという基本的なことを説明して行きます。まず、電解水とは何かということを端的に表現するなら、電解質を添加し電気分解することによって得られた物質を混合した水である、という説明になります。電気分解には陰極と陽極が存在し、それぞれで特徴の異なった溶液ができることになります。

陰極では、アルカリ性の溶液ができます。いわゆるアルカリイオン水です。これは、アルカリ性をもつ溶液なので、油脂やたんぱく質などの有機物の洗浄に優れています。ですから、台所用の洗剤や家の中で使える洗剤として電解水として販売されているもののほとんどはこちらのアルカリイオン水です。

陽極側からは、酸性の性質を示す酸性電解水が得られます。こちらは殺菌能力が優れており、手指や内視鏡の洗浄などの医療用や、食品添加物としても使用されます。

また、酸性電解水には油脂やたんぱく質など有機物の洗浄にも効果が認められており、アルカリイオン水と酸性電解水を混合したものが、それぞれを単独で使用するよりも効果が高いという調査結果もあります。また、手指の荒れを最小限にしたり、環境への負荷が低い事が注目され、その用途は幅広く、界面活性剤や化粧品の分野への応用も検討されています。

主に食塩水を電気分解して得られるため、コスト面や安全性を重視する工業用にも利用されています。

ファーストオーシャンの電解水

無塩タイプの高品質電解水を開発したフォーストーオーシャン。世界からの評価も非常に高い。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。