注目の高まる電解水

健康志向が高まるなかで電解水というものに注目が集まっています。これは食塩などの電解質を加えて電気分解をすることによって、作られた物質を混ぜ合わせた水のことを言います。この電気分解された水は、陰極側の強酸性のものと陽極側の強アルカリ性のものに分けることができます。この電解水にはさまざまな種類があります。

強酸性のものは塩素を含んだ水となっています。したがって強い殺菌効果があるということがわかっています。この強酸性の水を使って野菜などを洗うと、加熱することなく殺菌処理をすることができるのです。強アルカリ性のものは、タンパク質などを溶かす働きがあるので、洗浄力に優れているとされます。

この特長を生かして工場での金属の洗浄や機械などを洗浄する際に使われています。このように種類によってさまざまな性質があるということがわかります。強酸性のものは、塩素が含まれていると言うことで、生活のなかでたくさん使われています。

しかし水と言うことで気になるのがその安全性です。殺菌力が強いと言うことで皮膚に刺激が大きすぎるのではと心配になる人もいますが、酸性の強度としてはそれほど強くないので、手荒れなどの心配はありません。

酸性が強いと言うこととで肌にダメージを与えてしまうのではないかという心配がありますが、毒性が低く安全に使うことができると確認されています。肌荒れをしにくいということだけではなく逆に肌を引き締めてくれるという性質があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。